北海道ブルーリストのトップページへ
トップページ > 道民の皆様へ
道民の皆様へ
外来種目撃・被害情報提供の際のおねがい

北海道では、アライグマやセイヨウオオマルハナバチ、ウチダザリガニなど生態系等への影響が強く懸念される外来種 32 種の分布状況を把握するため、道民の皆様からの目撃情報(現在の分布図で確認されていない新たな目撃情報)の提供をお願いしています。

対象となる外来種は、“緊急に防除対策が必要な外来種”「カテゴリー A1」の 6 種および、“本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、防除対策の必要性について検討する外来種”「カテゴリー A2」の 26 種の計 32 種です。

カテゴリーA1の外来種
アライグマ ミンク ブラウントラウト
ブルーギル セイヨウオオマルハナバチ ウチダザリガニ
カテゴリーA2の外来種
ニホンイタチ テン アカミミガメ
ウシガエル ニジマス カワマス
カブトムシ チャコウラナメクジ サカマキガイ
オオハンゴウソウ オオアワダチソウ セイタカアワダチソウ
アメリカオニアザミ セイヨウタンポポ ヘラオオバコ
ブタナ コウリンタンポポ キバナコウリンタンポポ
ムラサキツメクサ シロツメクサ フランスギク
ブタクサ イワミツバ ハリエンジュ
キショウブ オランダガラシ


皆様から提供していただいた外来種の目撃情報は、「北海道外来種対策検討委員会」等で公開可能な情報(類似の種との誤認がないか等)であるかを検討した上で、ホームページ上で公開します。

提供情報が公開されるまでの流れ提供情報が公開されるまでの流れ提供情報が公開されるまでの流れ提供情報が公開されるまでの流れ

情報提供の際の注意点

  • 提供していただく情報は、北海道内で確認されたもので、ご自身が直接観察されたものに限ります。
  • 確認された位置を明確に記載してくださ。可能な場合は緯度経度を記載してください。「緯度経度確認マップ」で調べられますのでご利用ください。
  • 確認されたものの写真を添付してください。
  • 写真は「主な外来種の見分け方」に記載されている"同定ポイント"に関連するものを添付してください。なお、植物は、周辺の地形や植生がわかるような遠景の写真も添付してください。
  • 個人情報は、いただいた情報の詳細についてお尋ねする必要が生じた場合などに限って使用させていただくことがあります。
  • 個人情報は、個人情報保護法、北海道個人情報保護条例に基づき、北海道が厳正に管理いたします。



外来種の見分け方について

外来種には、在来種や他の外来種と類似・酷似した種がいます。それらとの見分け方などについて「主な外来種の見分け方」で解説していますので、見分ける際にご利用ください。